ママたちに聞きました!二人目でも嬉しかった出産祝い

出産祝いの定番といえば、ベビー服やブランケット、ベビー靴、ベビー食器、おもちゃ、絵本などが挙げられます。

一人目の出産の場合、何をもらっても役に立つ、うれしいと思えますが、二人目以降の場合はすでに自宅にあるものも多く、かぶってしまうと正直がっかりしてしまうこともあるのではないでしょうか。

特に同性の場合は、ある程度使いまわせますので本当に必要なものというのはそんなに多くはありません。

 

一方、出産祝いを送る側からしても、何をあげれば本当に喜んでもらえるのか悩んでしまうことも多いと思います。

直接本人に聞いて希望を教えてくれればいいのですが、金額のこともありますし、なかなか具体的に品物を指定してはもらえないのが通常ではないでしょうか。

そんなときに、おすすめなのがスタイやベビー服のギフトです。

 

服もスタイももうたくさんあるので必要ないのではないかと思われるかもしれませんが、特に60㎝、70㎝といった新生児の頃に着るような服や肌着、スタイは、ミルクの吐きこぼしでしみができてしまっていることも多く、なかなか次の子まで使えないことも多いのです。

またスタイは様々なブランドで取り扱っていますし、年々新しいデザインも出ています。

赤ちゃんの写真を撮るときなど、上の子供と同じ服ばかりでは後々見返したときに申し訳なく思うものですが、スタイが違えば雰囲気も変わります。

 

また2人目の場合は1人目のときのようにお金をかけるのが難しいご家庭も多いと思います。

そのため、自分では買えないようなファミリアやミキハウスなどのハイブランドの出産祝いは非常にありがたく感じます。

もう少し後になって使えるものがいいという場合は靴下もおすすめです。

赤ちゃんの頃はほとんど裸足で過ごすので必要ありませんが、歩き出すようになると靴下が必要になります。

靴下も汚れやすいのでなかなか次の子までは回らない消耗品です。

他の衣料品に比べれば1足あたりの単価も安いですので、余裕があれば上の子用にお揃いの柄をセットにしてプレゼントするのも喜ばれます。

 

好みがわからなくて選ぶのに自信がない、かぶってしまうのがどうしても心配だという場合は、赤ちゃん本舗やトイザらスなど、赤ちゃん用品専門店の商品券を贈るのも良いと思います。

金額がはっきりわかってしまうというデメリットはありますが、それならば、相手が自由に気に入ったものを選ぶことができますし、確実に喜ばれます。