出産祝いに贈りたいおすすめの絵本をご紹介

出産祝いに贈りたいおすすめの絵本のご紹介をします。

産まれたばかりの赤ちゃんには、まだ膝にのせて読み聞かせをするというのは、早すぎます。

目もしかっり見えていないですし、どんなも物を選ぶか考えてしまいます。

でも、大丈夫です。

体は動かなくても、目はぼんやりでも赤ちゃんは全身で楽しさを感じるすべを知っています。

子どもは日々成長していきますので、初めは色のはっきりとわかる赤、青、黄色の原色を使った絵本がいいです。

赤ちゃんは色から刺激を受けることができます。

そして、丸、四角、三角形のように形が単純なものがで構成されている絵本もいいです。

特に子どもは、丸い形が大好きです。

丸が並んでいて色が違うだけでもとてもよく反応してくれます。

少し大きくなってから、見せるのが目的なら、物の形が何かがわかるものが良いでしょう。

特に動物を単純にイラスト化され色彩のはっきりしたものが子どもは喜びます。

はじめはイラストが何かを認識します。

鳴き声、お耳が大きいといった特徴などが子どもにわかりやすい言葉で表されているものがいいです。

犬なら、ワンワンさん。猫ならにゃんにゃん、トラはガオーといったもので、他にも真似っこ遊びをします。

繰り返し遊びを楽しめます。

また、胎児のうちから耳は聞こえているので、ぼんやりと見えているだけでも、情操の育つ良いお話を何度も聞かせることで、子どもの潜在意識の中に美しい言葉や、思いやりの感情が植え付けられていきます。

たとえば、桃太郎などは多くの日本人なら、お母さんや、おばあちゃんから何度も何度も聞かされているうちに絵本や、台本が無くても、だいだいお話ができるのも潜在意識の中に組み込まれているためです。

■桃太郎の事例

そこで、桃太郎を例にあげると、一つ目は、繰り返し言葉が多く使われている点です。

二つ目は猿、鳥、犬の家来に会うたびに、ひとつずつきび団子を与えます。

ここで、数字の観念が生まれます。

この数字を知ることは子どもにはとても重要なのです。

そして、最後は親孝行と人助けと人を思いやり、最近では、鬼を許すというお話もあります。

昔話は他にもたくさんあります。

個性の強いイラストや、色彩の美しいものを選ぶと良いでしょう。

日本の昔話は教訓の入っているものが多いので、これをすると人は喜ぶ、悲しむという心の育成につながります。

たくさん読み聞かせを親子で楽しめるものがいいです。

外国の昔話も単純で楽しいものがたくさんあります。

イソップ物語、星の金貨、幸せの王子などの人に尽くすお話もよいでしょう。

子どもの情操をそだてるには大変良いお話です。

■年代別でベストな絵本の選び方

出産祝いなのですが、年代別に送るなら、1から2歳児には、自分でじーと自分から絵本に興味を持つようになります。

指さしをしたりで、片言で自分でおしゃべりしながらページをペラペラめくったり、つかんでなめたりしたくなります。

材質が弱いと誤って食べてしまったりするので、子どもに持たせてよい、しっかりラミネート加工されたものが良いでしょう。

子ども向けは頑丈に製本されていますので、ちっとやそっとのことでは破れたり、壊れたりはしません。

ボロボロになるまで使ってもらえれば贈ったほうとしてもそんなに気入ってもらえたのかと嬉しい限りです。

3歳児くらいまで使えるものなら、仕掛けのあるものも楽しいです。

自分で考える力がとても発達してくる時期なので、ひっぱって目玉が動いたり、他の動物になったり、子どもの好奇心をたっぷり満足させる仕掛けや、ページをめくると飛び出すものもあります。

平面から立体になる不思議さが子どもを刺激します。

またこの年代は短いストーリーなら理解することもできるようになり、物語の展開がわかり、本の世界から強い刺激を受けます。

ここでも繰り返し読み聞かが楽しいも色彩豊かなものがよいです。

他には、音の出るものや、ARで立体の絵柄が飛び出してくるものを色々あります。

書店に行っても、インターネットでも、出産祝いに適した絵本というものがすらりとあります。

どの本をとっても工夫のこらされた良書です。

定番の人気のある本を選ぶのもいいでしょう。

年代別に購入されてもいいですし、一冊だけ願いを込めての贈り物もいいでしょう。

お子様の成長を願ってご自分が実際にその本を手に取って、これかわいい、いいなって感動したものが一番の贈り物になるでしょう。

生まれた時から、たくさんの人から祝福され、祈られて育つ子どもがどれほど幸せか、いつか贈られた子どもさんも同じように贈り物を受け継いでいけるような贈り物にしたいものです。

ご自分が子どもころ大好きだった本などを思い起こして、探してもいいです。

ご自分が何度も飽きずに楽しく読んだのなら、きっと良書で楽しかったのですから、色々みて楽しく、美しい色彩とお子さんの豊かな情操をはぐぐむものを探して贈ることが一番のプレゼントになり、きっと一生の宝になることでしょう。

出産祝いをあげないのは失礼?兄弟や友達のケースで考える

友人や知人に子供が生まれた場合に贈るのが出産祝いです。

友達や同僚など、親しかったりお世話になっている他人に子供が生まれたら贈るのは常識ですが、それが兄や姉、弟や妹、それほど親しくない友達の場合はどうなるのでしょうか。

■兄弟の場合

兄弟に出産祝いをあげるかあげないか、これは環境や家庭によるので一概にどちらが正しいとは言えません。

近場に住んでいる、成人している、働いている、仲良く付き合いがある等の理由の他にも家庭の方針や育ち方もあるでしょう。

例えば独身者なら贈らなくてもいいと考える人もいれば、働いているのなら独身でも贈るべきと考える人もいます。

はたまた、そういうやりとりは煩わしいので既婚同士でも贈り合わないという家庭もあります。

そのため、自分の考えが正しいのだと相手に押し付けるのはよくありません。

ただし、兄弟間でお互いの意思が共通していれば大きな問題にはなりませんが、間違っていた場合には険悪になる可能性もあるので注意すべき点です。

■友達の場合

友達の場合は親しさによって贈るべきかどうか迷うこともあるでしょう。

あまり親しくない場合、直接連絡を受け入てないのなら贈る必要はないですが、近く会う機会があるのならもちろん用意しておくべきです。

また、数人の友達と合同で贈るというケースも少なくはありません。

親しいのなら当然一人でも贈るべきすが、グループ付き合いをしているのなら親しい友達と合同で贈ることもあります。

付き合いの深さや状況にもよるので、こちらも一概にどうしたらいいとは言えることではありません。

さて、そうはいっても贈るか贈らないか迷ったのなら、贈っておくほうが無難です。

贈られて嫌な気持ちになられることは基本的にはありませんし、自分もすっきりするでしょう。

本来なら、祝いたいという気持ちで贈るべきものですが、それも人付き合いや親戚付き合いの範疇なので、深く考えず義務として行っても仕方がないことです。

■出産祝いを贈る際のマナー

いずれにしても出産祝いを贈る際はマナーを持って贈りましょう。

出産祝いを渡すタイミングは、お母さんや赤ちゃんの体調に合わせることが大切です。

お見舞いに来てと誘われない限りは病院まで行くのはおすすめできませんし、自宅に伺う場合も産後2~3週間経過してからにしましょう。

この際、付き合いや親しさにもよりますが、男性や子供は連れて行かないのがマナーです。

一般的には生後7日~1か月以内に贈るべきとされていますが、産後は実家で療養されるお母さんが多いので、あまりこだわらなくても構いません。

生後半年以内なら許容範囲なので、半年内なら出産祝いとして贈りましょう。

ただ、生後1年を経過したら出産祝いでは違和感があるので、誕生日祝いやなど通常の贈り物として贈るのが無難です。

■相場について

相場は相手によって変わります。

兄弟の場合は、独身者なら20代で5千円、30代以降で1万円、既婚者なら3万円が相場です。

独身者でも稼ぎが多かったり、よほど仲のよい兄弟に贈るなら1万円以上ということもあります。

また、兄や姉の場合は弟や妹よりも多めに贈ることもあるようですが、この辺は兄弟の考え方にもよります。

友達の場合は、親しいのなら5千円、親しくないのなら3千円が相場です。

相手に気を使わせてもいけないので、付き合いの程度や稼ぎに関わらず相場を目安にしたほうがいいでしょう。

一人当たりの金額は少なくても、グループで贈れば金額が大きくなるので良いものを贈れることもあります。

双子の場合は一人ずつに対して贈り、二人目の出産の時も同じ相場になります。

■何が欲しいか前もって聞くのがベスト

親しければ事前に何が欲しいか聞くのが一番です。

聞けない場合は、よだれかけやオムツなどの実用的なものが喜ばれます。

万が一、他のお祝いと被っても問題がないという点でも実用的かつ消耗品が安心です。

また、自分で使い道を選んでもらえる現金や商品券なら一番喜んでもらえる贈りものになります。

一般的にはベビー向けに用意しますが、あえてお産を頑張ったママ用に用意するという方もいます。

その場合は美容グッズ、ノンカフェインのお菓子やお茶、育児グッズなどが人気です。

■貰って困るお祝いというものを知っておく

逆に貰って困るお祝いには、

  • サイズが小さいベビー服
  • 好みが合わないもの
  • 高価すぎるもの
  • 相談なく送られる大型グッズ

などがあります。

また、マナーでは、セットで贈る場合は割り切れない数(奇数)のものや、4(死)や9(苦)は避けるべきと考えられています。

兄弟や友達になら畏まって熨斗を付けなくても構いません。

お祝いにはお返しがありますが、親しければ「お返しはいらない」と事前に言っておくのが良いでしょう。

お返しはしなくてもお互いにお祝いを贈り合えばマナー違反ということはありません。

ただ、相手に中々お祝いを渡す機会がない場合は折を見てプレゼントを贈ることも考えましょう。

お祝いは今後の付き合いを左右するものなので、贈るべきか、何を贈るか、金額はなどをよく考えて検討してください。

出産祝いのお返しはどうする??時期や金額、マナーについて

赤ちゃんが生まれるといろいろな人からいただくことになる出産祝い。

会社の上司や同僚、親戚や友達などからお祝いの品が届くのはうれしいものです。

しかし、そのままもらいっぱなしというわけにはいかないのが日本のしきたりです。

出産祝いには内祝いとしてお返しをするのが一般的。

そのため、誰に何をいただいたのかしっかり覚えておく必要がありますので、その都度メモなどにして残しておくようにしましょう。

出産祝いのお返しは赤ちゃんが生まれて1か月ほど、お宮参りをする時期までには手渡し、又は郵送するように手配します。

近所である場合はもちろん、できるだけ赤ちゃんと一緒に自宅にお伺いして直接手渡せるのが理想です。

ただ、赤ちゃんのお世話で忙しい場合や先方の都合がつかない場合などは郵送でも構いません。

その場合は電話などで直接お礼を伝えることも忘れないようにしましょう。

■頂いたものの半額か3分の1くらいの金額にする

贈る品物はいただいたものの半額か3分の1くらいの価格のものを選びます。

ここで何をもらったかのメモが必要になりますので、チェックをしながら漏れのないように準備をします。

お返しの品物の金額が多すぎても少なすぎてもマナー違反ですので、適当に選んだりせずにそれぞれ用意してください。

現金以外の出産祝いで元の価格が分からない場合は似たようなものの値段を調べてみて大体の価格を予想しても構いません。

大事なのは、それぞれにきちんとしたお返しをすることです。

赤ちゃんが生まれてから1か月の間にたくさんのお返しを買ったり郵送の手配をすることは想像するよりも困難です。

できれば出産前からどんなものがあるのかリサーチしておくことをおすすめします。

予算ごとにおしゃれな内祝いが購入できるサイトもありますので参考にしてみましょう。

■のしやラッピングも忘れずに

出産祝いのお返しには「内祝い」というのしを付けてそこに赤ちゃんの名前を書きますので、間違えないようにしましょう。

内祝いの専門店ではサービスでのしを付けてくれる場合が多いので、活用してみてもよいでしょう。

デパートなどでもラッピングサービスで頼めば対応してくれる場合がほとんどです。

間違っても買ったままをラッピングものしも付けずに渡すのはやめましょう。

こうした習慣は昔から続くものですので、一定の格式をもった決まり事と割り切って節度ある態度で行ってください。

専門店では慶事にふさわしくない品物を選ぶ心配はありませんが、自分で品物を選ぶ場合はマナーについてもしっかり学んでおきましょう。

■ハンカチや緑茶はNG

まず、おめでたい場面での贈り物で選ばないほうが良いのがハンカチや緑茶です。

ハンカチは和名で「手巾」と書いて「てぎれ」読むため縁が切れることを連想させるので避けたほうが良い品物のひとつです。

小さくて使い勝手もいいので、選びやすいもののひとつですが注意しましょう。

ハンドタオルやフェイスタオルなどにはそのような意味はないので、迷ったらタオルがベターです。

緑茶には葬儀などでの香典返しとして使われるイメージが大きいため、お茶を送る場合は紅茶やコーヒーなどにしておくとおしゃれです。

目上の人へは履物など足で踏みつけるものは贈らないというマナーがあります。

靴下やスリッパなどがこれに当てはまるので覚えておきましょう。

これ以外であれば基本的には何を選んでも大丈夫です。

■名入れやプリント入りの贈り物は相手を選ぶこと

赤ちゃんが生まれると親としてはかわいいあまりに名前入りやプリント入りの贈り物を、と考えてしまうことがあります。

今は少なくなってきているとは思いますが、これをもらってうれしいのは親戚などごく限られた人ということを頭に入れておきましょう。

ただし、赤ちゃんの名前や顔を覚えてもらうのが内祝いの本来の目的ですので、名前や顔写真が全くダメということではありません。

その場合はメッセージカードやパッケージなど品物以外の部分にポイントとして使うようにしておきましょう。

■連名で出産祝いをもらった場合はどうする?

もう一つ、会社の同僚から連名で出産祝いをもらうことがあります。

この場合は全員分まとめて用意するか、一人ずつ用意するか頭を悩ませてしまいます。

贈られたものの程度にもよりますが、パパの会社の同僚ならば贈ってくれた人を集めて食事をおごってあげたり、自宅に招くという方法でもいいかもしれません。

一堂に集まれない場合はやはり個別に品物を渡すことで対応しましょう。

■贈る相手を想像しながら選ぶのがマナー

お菓子や日用品など様々な品物がありますので、贈る相手を想像しながら最適なものを選んで健康な赤ちゃんが生まれた喜びを分かち合いましょう。

内祝いはスケジュールをしっかり立てて手順に沿って手配をすれば手間も最小限に抑えることが可能です。

使えるサイトやパパにも手伝ってもらってママだけの負担が大きくならないようにゆっくりと作業を進めていきましょう。

贈る時期にも一応リミットがありますが、あまり神経質にならずに、直接出向く予定がある親戚などにはあとから手渡しするなど柔軟な対応を心がけましょう。

まずは赤ちゃんとの新しい生活が円滑に進むように頑張ってください。

出産祝いに喜ばれるカタログギフト

出産祝いに何を贈ろうか迷われる方は多いのではないでしょうか。

自分なら何がうれしいのかを考えて贈られる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、どなたもまず、百貨店などにとりあえず行かれる方もいらっしゃると思います。

赤ちゃんのものは何を見ても本当にかわいくて、贈るものもなかなか決められません。

また、贈る相手の方が、本当に必要としているものかどうか迄考えると、結局決めることが出来ない状態になってしまします。

なぜこのように迷ってしまうかというと、ほとんどの方が困ってしまった経験があるからではないでしょうか。

■本当に必要なものを贈るのは難しい

出産の経験のある方は皆一度は同じ思いをしていらっしゃると思います。

それは、お祝いに頂いたものが本当に必要なものであったかということです。

また、複数の方から、お祝いを頂きますので、同じものがいくつも重なってしまったりして大変だったこともあるのではと思います。

百貨店のものでしたら、売り場まで持ってい行けば、交換も可能です。

しかし、贈って下さった方の気持ちを考えるとなかなかそのような行動はしにくいものです。

また、産後すぐには、自分の体調の問題もありますし、生まれたての赤ちゃんを連れての外出もできません。

自分自身の経験からも思うのですが、私の場合、同じサイズの洋服が20枚以上になり、結局半分は着ないまま終わりました。

子供は夏生まれでしたので、首が座る頃までは病院の新生児室の赤ちゃんのように下着でベッドに寝ていましたので、本当に洋服は必要なく、大変もったいなく感じました。

送る方もある程度は、同じものが重なることを考慮に入れて、サイズも少しずらして送って下さったようでしたが、それでももらったものすべては着れませんでした。

また、母親の好みもありますので、もらっても着せたくないものがあるのも確かです。

■紙おむつなど本当に必要なものは喜ばれるが・・

好みに関係なく本当に必要なものに紙おむつなどがあります。

これは絶対必要なものなので、もらう側は喜ばれると思います。

しかし、贈る側からすると、このような実用的なものは夢がないのと、相手に対して失礼な気がして、良いと思っても贈ることが出来ないのが普通です。

贈る相手が親しい関係の場合はズバリ欲しいものを聞くことが出来ます。

親しければ、本当に必要なものを伝えてもらえるので、こちらも気持ちが軽くなります。

また、相手にも本当に喜んでもらえるので、こちらも嬉しいです。

■本当に必要なものは母親が前もって揃えるもの

最近は、出産前に母親となるご自身が、生まれてくる子のために色々な準備をされる人が多いです。

出産してからでしたら、生まれたての赤ちゃんを抱えて、買い物などできないことがわっかっていますので、早めに準備される方も多いです。

嬉しいことですので、やはり自分の目で確かめて、納得のいくもので揃えていかれます。

そのため、出産の頃には、必要最低限のものはもうすでに揃っている状態のはずです。

その中で、本当に喜ばれる出産祝いにはどのようなものがよいのかとなると、選ぶのは大変難しいです。

本当に親しい中であるのならば、直接聞いても良いかもしれません。

ただ、遠慮して正直にいってもらえないことも多いのではと思います。

そこで、考えるのが、現金かカタログギフトということになります。

■現金を出産祝いで贈るのはどうなのか?

現金は、もらう側からすると本当に簡単に使えますので要らないものをもらうよりはうれしいと思います。

しかし贈る側としては、少し生々しく抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

また、現金というのは、どのようにでも使えるものです。

送った側の祝い金がどの商品に変わったのかなど将来的には忘れやすく、贈った側も贈られた側も思い出に残ることは少ないように思います。

極端な話ですが、現金はその日の夕食に消えてしまうこともあります。

そのようになってしまうと、何だか少し寂しく感じます。

■カタログギフトは出産祝いにおすすめ

しかし、カタログギフトでしたら、最初から商品を選ぶので、記憶にも残りやすいです。

お金よりも商品の方が、何故か思い出としての重みがあります。

何よりも贈られる側が、本当に必要としているもの選んでもらえるので、贈る側も何だか安心です。

要らないものをもらって、うれしいと相手にお礼を述べるのも辛いものがあります。

出産祝いは、やはりお祝い事ですので、お互い気を遣うことなく喜びを分かち合いたいものです。

そしてなるべくなら、思い出として残るものを贈りたいものです。

この様に考えると、やはりカタログギフトがピッタリ当てはまるのではないでしょうか。

もし、カタログギフトが、相手に対して少しどうかなと思われるようでしたら、メッセージなどで、

「一生懸命考えたが、喜んでもらえるものが選べなかった」

という気持ちを添えると、相手の方も気持ちよくカタログを楽しみながら選んでいただけると思います。

きっと物だけでなく、贈った人の気持ちも良く分かり嬉しく思われると思います。

喜ばれる贈りものが明確に分からない場合や迷ってしまう場合はカタログギフトを考えてみられてはいかがでしょうか。

きっと喜ばれると思います。

もらって嬉しい男の子向けの出産祝いはこれ!

■おむつケーキ

男の子の出産祝いで嬉しいといえば、今は定番中の定番、おむつケーキがが大人気です。

男の子に問わずですが、おむつは必ず使う物ですから、もらった側も嬉しいです。

おむつだけではなく、赤ちゃんの肌に優しいタオルも使ってデコレーションされていたり、ケーキのてっぺんにお人形が飾られていたりと今後の使える品が隠されていてとても楽しい商品となっています。

見た目も大きいのでゴージャスな存在感もあります。

しばらくの間飾っておいても、インテリアの一部となりかわいいでしょう。

デザインも男の子用と女の子用に分かれています。

■モービル

また、男女問わずに年齢も関係なく釣るしておける、モービルも良いでしょう。

寝たきりの赤ちゃんの時は、ベビーベッドの真上の天井に飾っておけば、赤ちゃんも動くものに目が行くので眺めて楽しむことが出来るでしょう。

お子さんが大きくなってからも、部屋のインテリアとして活用ができるので長くお使いいただく事ができ喜ばれる商品です。

また、同じようにインテリアの品として好評なのが、赤ちゃんの名前や生まれた日付け、出産時の体重を色紙や和紙に書いて下さい筆文字アーティストの方に依頼して出来上がった商品が人気を集めています。

そういって記念となる物をプレゼントするのもおしゃれだと思います。

ご家族の名前を入れてポエムを作って下さる方もいらっしゃいます。

とても素敵な贈り物だと思いますが、注意しないといけないのは、まだまだお子様が欲しい方の場合だと、2人目3人目に生まれた時の赤ちゃんの名前がないという事もあるので、気を使うべきところでもあります。

■赤ちゃん専用のタオル

他にも、赤ちゃんが使う物として便利な贈り物は、赤ちゃん専用のタオルです。

お風呂上がりのバスタオルは、新生児のデリケートな赤ちゃんだととても気を使います。

衛生面を考えて毎日交換したいので何枚か欲しいものです。

日本製のコットン性のものだだとお値段もしますので、プレセントして頂けると嬉しいものです。

だからといって、毎日お洗濯も新生児の赤ちゃんのお世話をしながらだと大変ですし、季節によっては直ぐに乾かなく困る事もあります。

ご家族でご用意されたにしろ、プレゼントされても枚数あったても困らないものです。

大きくなってもお風呂は毎日入りますし、バスタオルは使いますから、スタイもいくつあっても便利なものでしょう。

お洋服を贈る事も良いのですが、ママによっては着せたい服の好みがハッキリとしている場合もあります。

ですがスタイだと、服ほどのメインではないので好みに関係なくプレセントすることが出来るでしょう。

■授乳用ケープ

また、ママに使ってもらえる授乳用ケープも便利な商品です。

特に初めての出産の場合は次に生まれる赤ちゃんにも使えるので重宝されます。

■子供専用の体温計

他にも実用的な物で言えば、子供専用の体温計も重宝されます。

耳に差し込むだけで直ぐに体温が測れます。

大人と同じものだと、赤ちゃんが動いてしまい上手く測れないのです。

計測時間も長いので、じっともしていないので何度も測り直さないといけないです。

■おむつ処理機

高額でもらうと嬉しい商品といえば、おむつ処理機も良いです。

おむつの匂いもシャットアウトしてくれます。

おもちゃで言えば、小さな赤ちゃんでも心配いらない布で出来た絵本です。

かんでも舐めても洗う事も出来る商品もあるので、衛生的にも安心です。

布で出来ているので怪我をする心配もありません。

肌触りも良いので、赤ちゃんも気に入ってくれることでしょう。

少し大きくなってからは、お米で出来た積み木も舐めても安心な物であります。

■赤ちゃん専用の食器セット

そして、赤ちゃん専用の食器セットも嬉しいです。

赤ちゃんの大きさに合わせたスプーンの大きさに違いがあったり、持ち手が持ちやすいように工夫がしてあったり、コップなどは持ち手が二か所ついているもの等細かい気遣いが感じられます。

滑り止めが付いているものもあり、器が倒れにくくなっています。

このように、出産祝いで頂いた食器類は思い入れがありますのでなかなか捨てられないので、男の子であってもおままごとはするのでおもちゃの食器としてその後も使用しています。

■消耗品はたくさんあっても苦にならない

このように見てきますと、男女関係なく長く使えるものがプレセントされてうれしい傾向にあるようです。

次に生まれてくるお子様の事を考えると、どちらの性でも使える物の方がママも嬉しいはずです。

そして、子供が成長しても活用できるインテリアも思い出の品となり良いでしょう。

そして、絶対に使う消耗品もどれだけあっても使うので苦になりません。

商品が重なってしまう事もあるので、直接出産祝いの品は何がよいのか希望を聞くのも良い方法です。

本人さん達が一番欲しいものをプレセントするのが、もらって一番うれしいかもしれません。

ベテランのママさんなら知識も豊富なので気の利いた便利な物を贈り物に選べますが、子育て未経験の方だと何が必要かもわからないですので、情報のリサーチが必要になると思います。