やっぱりスタイもオーガニックがいい!オーガニック素材のスタイは?

そもそもオーガニックとは「有機」を指し、農薬や化学肥料を使わず生産された農産物を言います。

有機野菜は農薬などを使わず作られた野菜であり、オーガニックコットンは認証機関に認められた農地で農薬などを厳しい基準を守った上で栽培された綿花です。

農薬は化学肥料は害虫除けなどに利用されるのですが、栽培されたものはしっかり洗わなければ人間にも害を及ぼす恐れがあります。

そのためオーガニックのものは「体にいいもの」という認識が一般化され人気を集めています。

 

オーガニックコットンを素材にした服や布団などは大人にも人気がありますが、肌が敏感な赤ちゃんにも人気の素材です。

安全性に富み、他の素材と違って肌への刺激が少ないため安心して使うことができるのです。

特に赤ちゃんのスタイにはこの素材のものがよく選ばれています。

スタイとはよだれかけのことですが、赤ちゃんはよくよだれを垂らし、またお乳を飲んでも吐いてしまったりする子もたくさんいます。

そういった際にスタイがあると服を汚すのを防いでくれます。

 

また通常の綿などに比べると吸水性に優れているという特徴があり、そのため離乳食が始まった頃にもとても役立ちます。

また肌触りもとても柔らかいため、赤ちゃんの口元をぬぐっても肌を傷つけるなどのストレスを与えることが少ないのが魅力です。

赤ちゃんの中にはアレルギーで肌荒れをしている子も多いので、こういった素材がとても重宝されています。

有機のものというのはそれだけ慎重に栽培されています。

 

そのためオーガニック製品は通常の綿などの製品に比べて金額が高めではありますがあくまで手頃な価格ではないというだけであって、高級品というわけではありません。

もちろん生まれてすぐに肌に優しいものばかりを使っていると赤ちゃんを過保護に育ててしまい、なんの耐性もつかない恐れがあるためあえて普通の綿などを選ぶ人もいます。

赤ちゃんは育ててみなければどのような特性を持っているのか分かりません。

いくら両親がアレルギーを持っておらず敏感肌でもないという健康体であったとしても、赤ちゃんはアレルギーを持っている可能性もあります。

そのためまずは使ってみて様子を見ると言うのが一番良いでしょう。

最初は手頃なものから試していき、肌に合わないと思ったら変えてあげるというように赤ちゃんの変化に合わせて使うようにすれば、今後使う様々な製品においてもどんなものを買ってあげればよいのかが見えてきます。