もらって嬉しい男の子向けの出産祝いはこれ!

■おむつケーキ

男の子の出産祝いで嬉しいといえば、今は定番中の定番、おむつケーキがが大人気です。

男の子に問わずですが、おむつは必ず使う物ですから、もらった側も嬉しいです。

おむつだけではなく、赤ちゃんの肌に優しいタオルも使ってデコレーションされていたり、ケーキのてっぺんにお人形が飾られていたりと今後の使える品が隠されていてとても楽しい商品となっています。

見た目も大きいのでゴージャスな存在感もあります。

しばらくの間飾っておいても、インテリアの一部となりかわいいでしょう。

デザインも男の子用と女の子用に分かれています。

■モービル

また、男女問わずに年齢も関係なく釣るしておける、モービルも良いでしょう。

寝たきりの赤ちゃんの時は、ベビーベッドの真上の天井に飾っておけば、赤ちゃんも動くものに目が行くので眺めて楽しむことが出来るでしょう。

お子さんが大きくなってからも、部屋のインテリアとして活用ができるので長くお使いいただく事ができ喜ばれる商品です。

また、同じようにインテリアの品として好評なのが、赤ちゃんの名前や生まれた日付け、出産時の体重を色紙や和紙に書いて下さい筆文字アーティストの方に依頼して出来上がった商品が人気を集めています。

そういって記念となる物をプレゼントするのもおしゃれだと思います。

ご家族の名前を入れてポエムを作って下さる方もいらっしゃいます。

とても素敵な贈り物だと思いますが、注意しないといけないのは、まだまだお子様が欲しい方の場合だと、2人目3人目に生まれた時の赤ちゃんの名前がないという事もあるので、気を使うべきところでもあります。

■赤ちゃん専用のタオル

他にも、赤ちゃんが使う物として便利な贈り物は、赤ちゃん専用のタオルです。

お風呂上がりのバスタオルは、新生児のデリケートな赤ちゃんだととても気を使います。

衛生面を考えて毎日交換したいので何枚か欲しいものです。

日本製のコットン性のものだだとお値段もしますので、プレセントして頂けると嬉しいものです。

だからといって、毎日お洗濯も新生児の赤ちゃんのお世話をしながらだと大変ですし、季節によっては直ぐに乾かなく困る事もあります。

ご家族でご用意されたにしろ、プレゼントされても枚数あったても困らないものです。

大きくなってもお風呂は毎日入りますし、バスタオルは使いますから、スタイもいくつあっても便利なものでしょう。

お洋服を贈る事も良いのですが、ママによっては着せたい服の好みがハッキリとしている場合もあります。

ですがスタイだと、服ほどのメインではないので好みに関係なくプレセントすることが出来るでしょう。

■授乳用ケープ

また、ママに使ってもらえる授乳用ケープも便利な商品です。

特に初めての出産の場合は次に生まれる赤ちゃんにも使えるので重宝されます。

■子供専用の体温計

他にも実用的な物で言えば、子供専用の体温計も重宝されます。

耳に差し込むだけで直ぐに体温が測れます。

大人と同じものだと、赤ちゃんが動いてしまい上手く測れないのです。

計測時間も長いので、じっともしていないので何度も測り直さないといけないです。

■おむつ処理機

高額でもらうと嬉しい商品といえば、おむつ処理機も良いです。

おむつの匂いもシャットアウトしてくれます。

おもちゃで言えば、小さな赤ちゃんでも心配いらない布で出来た絵本です。

かんでも舐めても洗う事も出来る商品もあるので、衛生的にも安心です。

布で出来ているので怪我をする心配もありません。

肌触りも良いので、赤ちゃんも気に入ってくれることでしょう。

少し大きくなってからは、お米で出来た積み木も舐めても安心な物であります。

■赤ちゃん専用の食器セット

そして、赤ちゃん専用の食器セットも嬉しいです。

赤ちゃんの大きさに合わせたスプーンの大きさに違いがあったり、持ち手が持ちやすいように工夫がしてあったり、コップなどは持ち手が二か所ついているもの等細かい気遣いが感じられます。

滑り止めが付いているものもあり、器が倒れにくくなっています。

このように、出産祝いで頂いた食器類は思い入れがありますのでなかなか捨てられないので、男の子であってもおままごとはするのでおもちゃの食器としてその後も使用しています。

■消耗品はたくさんあっても苦にならない

このように見てきますと、男女関係なく長く使えるものがプレセントされてうれしい傾向にあるようです。

次に生まれてくるお子様の事を考えると、どちらの性でも使える物の方がママも嬉しいはずです。

そして、子供が成長しても活用できるインテリアも思い出の品となり良いでしょう。

そして、絶対に使う消耗品もどれだけあっても使うので苦になりません。

商品が重なってしまう事もあるので、直接出産祝いの品は何がよいのか希望を聞くのも良い方法です。

本人さん達が一番欲しいものをプレセントするのが、もらって一番うれしいかもしれません。

ベテランのママさんなら知識も豊富なので気の利いた便利な物を贈り物に選べますが、子育て未経験の方だと何が必要かもわからないですので、情報のリサーチが必要になると思います。