出産祝いに喜ばれるカタログギフト

出産祝いに何を贈ろうか迷われる方は多いのではないでしょうか。

自分なら何がうれしいのかを考えて贈られる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、どなたもまず、百貨店などにとりあえず行かれる方もいらっしゃると思います。

赤ちゃんのものは何を見ても本当にかわいくて、贈るものもなかなか決められません。

また、贈る相手の方が、本当に必要としているものかどうか迄考えると、結局決めることが出来ない状態になってしまします。

なぜこのように迷ってしまうかというと、ほとんどの方が困ってしまった経験があるからではないでしょうか。

■本当に必要なものを贈るのは難しい

出産の経験のある方は皆一度は同じ思いをしていらっしゃると思います。

それは、お祝いに頂いたものが本当に必要なものであったかということです。

また、複数の方から、お祝いを頂きますので、同じものがいくつも重なってしまったりして大変だったこともあるのではと思います。

百貨店のものでしたら、売り場まで持ってい行けば、交換も可能です。

しかし、贈って下さった方の気持ちを考えるとなかなかそのような行動はしにくいものです。

また、産後すぐには、自分の体調の問題もありますし、生まれたての赤ちゃんを連れての外出もできません。

自分自身の経験からも思うのですが、私の場合、同じサイズの洋服が20枚以上になり、結局半分は着ないまま終わりました。

子供は夏生まれでしたので、首が座る頃までは病院の新生児室の赤ちゃんのように下着でベッドに寝ていましたので、本当に洋服は必要なく、大変もったいなく感じました。

送る方もある程度は、同じものが重なることを考慮に入れて、サイズも少しずらして送って下さったようでしたが、それでももらったものすべては着れませんでした。

また、母親の好みもありますので、もらっても着せたくないものがあるのも確かです。

■紙おむつなど本当に必要なものは喜ばれるが・・

好みに関係なく本当に必要なものに紙おむつなどがあります。

これは絶対必要なものなので、もらう側は喜ばれると思います。

しかし、贈る側からすると、このような実用的なものは夢がないのと、相手に対して失礼な気がして、良いと思っても贈ることが出来ないのが普通です。

贈る相手が親しい関係の場合はズバリ欲しいものを聞くことが出来ます。

親しければ、本当に必要なものを伝えてもらえるので、こちらも気持ちが軽くなります。

また、相手にも本当に喜んでもらえるので、こちらも嬉しいです。

■本当に必要なものは母親が前もって揃えるもの

最近は、出産前に母親となるご自身が、生まれてくる子のために色々な準備をされる人が多いです。

出産してからでしたら、生まれたての赤ちゃんを抱えて、買い物などできないことがわっかっていますので、早めに準備される方も多いです。

嬉しいことですので、やはり自分の目で確かめて、納得のいくもので揃えていかれます。

そのため、出産の頃には、必要最低限のものはもうすでに揃っている状態のはずです。

その中で、本当に喜ばれる出産祝いにはどのようなものがよいのかとなると、選ぶのは大変難しいです。

本当に親しい中であるのならば、直接聞いても良いかもしれません。

ただ、遠慮して正直にいってもらえないことも多いのではと思います。

そこで、考えるのが、現金かカタログギフトということになります。

■現金を出産祝いで贈るのはどうなのか?

現金は、もらう側からすると本当に簡単に使えますので要らないものをもらうよりはうれしいと思います。

しかし贈る側としては、少し生々しく抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

また、現金というのは、どのようにでも使えるものです。

送った側の祝い金がどの商品に変わったのかなど将来的には忘れやすく、贈った側も贈られた側も思い出に残ることは少ないように思います。

極端な話ですが、現金はその日の夕食に消えてしまうこともあります。

そのようになってしまうと、何だか少し寂しく感じます。

■カタログギフトは出産祝いにおすすめ

しかし、カタログギフトでしたら、最初から商品を選ぶので、記憶にも残りやすいです。

お金よりも商品の方が、何故か思い出としての重みがあります。

何よりも贈られる側が、本当に必要としているもの選んでもらえるので、贈る側も何だか安心です。

要らないものをもらって、うれしいと相手にお礼を述べるのも辛いものがあります。

出産祝いは、やはりお祝い事ですので、お互い気を遣うことなく喜びを分かち合いたいものです。

そしてなるべくなら、思い出として残るものを贈りたいものです。

この様に考えると、やはりカタログギフトがピッタリ当てはまるのではないでしょうか。

もし、カタログギフトが、相手に対して少しどうかなと思われるようでしたら、メッセージなどで、

「一生懸命考えたが、喜んでもらえるものが選べなかった」

という気持ちを添えると、相手の方も気持ちよくカタログを楽しみながら選んでいただけると思います。

きっと物だけでなく、贈った人の気持ちも良く分かり嬉しく思われると思います。

喜ばれる贈りものが明確に分からない場合や迷ってしまう場合はカタログギフトを考えてみられてはいかがでしょうか。

きっと喜ばれると思います。