出産祝いをもらいたくない場合や相手方にいらないと言われた場合について

出産祝いはおめでたいイメージがありますが、現実には嬉しいことばかりではありません。
相手によってはもらいたくないこともありますし、逆に贈ろうと思っていたのにいらないと言われることもあります。
そのような場合には、どのように対処したらいいか迷ってしまうと思います。

まず、自分が出産祝いをもらいたくない場合です。
この場合にはふたつのパターンがあると思います。
贈る相手との関係があまり良くなく、できれば贈り物をもらうなど関係をもちたくない場合と、親しすぎる間柄で、気を使ってほしくない場合です。

相手との関係があまり良くない場合には、はっきりと断るべきか曖昧にするべきか悩むところですが、出産祝いをもらってしまうと、今後の子どもの誕生日のたびにプレゼントが贈られることが予測され、付き合いを断つことが難しくなると思われます。

また、相手に子どもが生まれた場合には、必ず出産祝いを贈らなくてはいけなくなります。
このように今後も長い付き合いになってしまうことが許せる場合には、角を立てずに出産祝いをもらっておきましょう。
今後も長い付き合いを続けることが嫌な場合には、この機会に断っておいたほうがいいでしょう。

断り方が難しいのですが、直接もらいたくないと言うよりも、体調が悪くて余裕がないといったような理由にしておくと、失礼にならずにすむでしょう。

妊娠出産は女性にとって体調不良になりやすい時期です。
体調が悪くて、出産祝いをもらってもお返しができずに心苦しいから、今回は遠慮してもらうように伝えると、やんわりと断ったことになるはずです。

もうひとつの親しすぎて申し訳ないと感じてしまう場合には、もらった後のお返しを丁寧にすることで解決できます。
お返しの値段ではなく、心のこもったメッセージを添えるなど、気持ちの伝え方は何らかの方法であるはずです。
もしくは、直接申し訳ないからもらえないと伝えてみるのもいいかもしれません。

こういった気持ちは、相手に言われても、そこまで嫌な気持ちになるわけではないので、会話の中で様子を見ながら、自分の気持ちを伝えてみるのもいいと思います。

そして、相手にいらないと言われた場合ですが、これもふたつの理由があると思います。
もう育児に必要なものは足りているので、贈りものはいらないという場合がひとつです。
この場合には、いらないものを贈っても、相手が困るだけなので育児に関連したものは贈らないほうが良いでしょう。

それでも、どうしても贈りたいという場合には、育児に関係のないものや形に残らないものがおすすめです。
一番良いのは食べ物です。
食べ物であれば、いつまでも残って使い道に困るということもないでしょうし、好きな食べ物であれば喜んでもらえるでしょう。

もしくは、金券や現金です。
こういったものは、必ず必要になるので、今は特に必要なものがないみたいだから、後々に備えて使ってください。と一言添えれば大丈夫でしょう。
現金を贈る場合には、相手にとって負担にならない額に納めるように気をつけましょう。

相手にいらないと言われるもう一つの原因は、相手が贈り物をもらってお返しをするのが大変だという場合もあります。
お返しは赤ちゃんが生まれてから準備作業があるので、育児に慣れていない時期には大きな負担になります。
赤ちゃんを見てくれるような人がいる場合はいいですが、核家族で必死に育児をしている家庭もあります。

そのような家庭にとってお返し作業はとても大変です。
そういった相手の場合には、いかにもプレゼントというものは避けて贈り物をすると良いでしょう。

例えば、どこかへ行ったついでのお土産にしたり、地元の名産品、最近流行っているものなどです。
なにかのついでに見かけたから。と理由を添えれば、もらうほうも遠慮せずにもらいやすくなります。

子ども用品でも、仰々しくラッピングをすることを避けて、さりげなくプレゼントとして渡すほうが、もらうほうが楽な気持ちになることがあります。
もしも、相手がもらうことに抵抗を感じているようならば、そういった方法で贈るということもできると思います。

あとは、相手が本当にいらないと思っている時もあります。
これ以上関係を続けたくないと思っている時です。

そういった雰囲気を察した時には、相手の希望通りに贈らないという選択でも良いと思います。
無理に関係を続けても、お互いに苦しくなってしまうので、プレゼントはなしにして、カードだけ贈るなどにしておいたほうが良いでしょう。

なにも贈らないと気まずい感じがしますが、メッセージを添えたカードを一枚渡すだけで、お祝いの気持ちを伝えられます。
そのメッセージの中に、なにかプレゼントのリクエストがあったら教えてくださいと、付け加えておくのも良いでしょう。

もしも、相手があなたとの関係を続けたいのであれば、なんらかの返答があるはずです。
メッセージカードを上手に利用して、相手の希望を聞いてみましょう。

郵送(配送)で出産祝いを渡す際の注意点やポイント

出産祝いは友達や親族、同僚など自分の親しい人が出産した時に、赤ちゃんの無事な誕生を祝ってプレゼントや現金、商品券などの祝いを贈るものです。

また長い期間の大変な妊娠から出産を終えたお母さんやお父さんをねぎらうためのもので、家族が増えてこれから新しい生活が始まったことを応援するという意味合いも込められています。

しかし実際にお祝いとして贈るものは何が良いのか、どんな物を贈れば喜んでくれるのかとても悩みますよね。

出産祝いで贈る品物はこれからの生活に必要な物やこれから使う物、お金や商品券、カタログギフトを贈ることが多いようです。

相手のことを良く知っており、趣味やどんな物が好きか、何が欲しいかが分かっている場合にはその品物をプレゼントするのがベストです。

もらって嬉しかった贈り物として挙がってくる事の多い品としては人気の子供服ブランドの洋服や、現金や商品券、スタイ、おくるみ、ベビー用のスキンケアグッズなどがあります。

逆にもらってもあまり使えない物としてはベビー用の食器や離乳食のセット、キャラクターのベビー服や育児グッズ、よだれかけやミトンなどが挙がっています。

一見必要そうな物で成長していく過程の中で使えそうな物に見えますが、お父さんお母さんの好みや子どもの特徴によっては、使える場合と使わないまたは使えない場合に分かれる物が多いのです。

また他の人と贈り物が被ってしまったり、もともと準備していた物と被ってしまうことにも注意しなければなりません。

そのためサプライズとして贈り物を送るのも良いですが、欲しい物を本人に聞いて贈るのが1番喜んでもらえるかもしれないですね。

注意点としては品物を複数詰め合わせて送る場合や、現金を送る場合に偶数や4、9の数を避けるという事です。

昔から慶び事は奇数、悲しみ事は偶数と言われており、4や9がタブーとされているのは死や苦労を連想させる言葉だからです。

8は末広がりで縁起の良い言葉なので良いとされています。

お祝いを贈るタイミングは産後7日から30日に直接ではなく、郵送や配送で贈るのが一般的です。

その理由はお祝いを贈るタイミングである産後1ヶ月を考えると、大変な出産を終えてまだ体力的に回復できていなかったり、慣れない育児で疲れている状況であることがほとんどです。

いくら親しい間柄であっても人に会うには体力や精神力を使うので、すぐにお祝い品を持って行くのはあまりおすすめではありません。

早く会いたい気持ちや、お祝いの気持ちを伝えたい気持ちはあると思いますが、親族や関係性の深い仲でない場合は産後1ヶ月以降に相手のタイミングを確認して会いに行くなど配慮することが必要です。

また出産が終わるまでは赤ちゃんが無事に生まれてきてくれるかどうか分からないので、出産祝いは出産後に贈るようにしましょう。

出産祝いは産後1ヶ月を過ぎても失礼という事はなく、出産後半年くらいまでであれば出産祝いとして贈ることができます。

続いて贈り物の相場ですが、相手との関係性や対象の相手によって若干変わります。

親族へのお祝いの場合は、10,000円から30,000円が相場です。

従兄弟などの親戚が出産した時は3,000円から5,000円が一般的ですが、もしも間柄が親しければもう少し金額の高い物にしても良いのではないでしょうか。

お孫さんが生まれた場合は、30,000円から100,000円が相場となっているようです。

友達へのお祝いの場合は5,000円から10,000円が相場です。

また現金や商品券などではなく、プレゼントなど品物を贈るのが一般的とされています。

グループで仲が良い場合などは、友達同士でお金を出し合ってプレゼントを購入して贈るのも良いと思います。

会社の同僚や部下、後輩へのお祝いの場合は、3,000円から5,000円、上司への場合は5,000から10,000円が相場となっています。

他の同期や職場の人と相談してプレゼントをするのも良いです。

出産祝いの金額相場にはある程度の決まりはありますがお祝いの気持ちが1番大事なので、贈り物だけでなくその気持ちを添えることで、相手にも素直に喜んでもらうことが出来ると思います。

具体的なお祝いメッセージの内容としては、まずお祝いの気持ちを伝えることを重視します。

またどんなに親しい関係であってもできるだけ丁寧な言葉でメッセージを書くこと、相手の体調や家庭を気遣う一言を添えるというのが一般的です。

普段駆け引きするような冗談や、長すぎる文面にならないように配慮しましょう。

また使用を避けた方がよい、忌み語というものもあります。

流れる、消える、薄い、終わる、苦しいなど、苦労や苦しみを想起させる言葉の使用はなるべく避けて、違う言い回しや言葉に変えて気持ちを伝えましょう。

2人目の出産の場合では、1人目の子の話にも触れながらメッセージを作るとなお良いです。

生まれる前に出産祝いを渡してもいいのでしょうか?

生まれる前に出産祝いをしても良いのか迷われる方もいらっしゃると思います。

ママになられる方とどのくらい親しいかにもよりますが、親友といえるぐらい仲が良い場合は良いのではと思います。

仲の良い知人の場合、相手の方が欲しいものなど早くから分かっている場合も多いでしょう。

また、その中には、出産直後からすぐに使えるようなものを贈る予定の方もいらっしゃるでしょう。

このような場合は、早く贈った方が良いのではと思ったりするのも当然のことと思います。

■仲が良ければ早く贈るのも大丈夫

一般的には、生まれてから贈るというのが昔からの習わしです。

しかし、今の時代、そんなにもしきたりなどに囚われなくても良いのではないでしょうか。

仲の良い知人の出産の場合は特にそのような遠慮はいらないように思います。

ママとなる人も、出産前から赤ちゃんを迎える準備を色々と整えます。

特に出産直後にすぐ使うような物は、ほとんど購入しています。

贈るものにもよりますが、早めに使えるものでしたら早めに贈った方が、贈られた側も重なって購入することもないかもしれません。

■赤ちゃんに万が一のケースがあった場合に困ることも・・・

ただ、赤ちゃんは必ずしも無事に生まれてくるとは限りません。

無事に生まれても生後一か月でなくなってしまう赤ちゃんもいるのです。

大抵の赤ちゃんはそのようなことはありませんが、たまにそのようなこともあります。

また、生まれつき身体に問題があり、長く病院生活を余儀なくされる赤ちゃんもいます。

そのような時は、出産祝いが無駄になってしまうこともあるのです。

特に赤ちゃんが亡くなったりした場合、出産祝いをもらっても悲しみの方が大きく、その品を見る度にママになるはずだった人がより悲しむことにもなります。

滅多にこのようなことはありませんが、このような話は時々耳にします。

このようになると、贈られた側は、内祝いのお返しの問題も出てきますし、また出産祝いをした側もすぐに香典という風になってしまい、贈る側も贈られる側もどのようにしていったらよいのか分からず、ややこしいことにもなります。

■生まれてから1ヶ月経ったぐらいがベスト

このようなことは昔からあるため、お祝いを贈るときは、赤ちゃんが生まれて一か月経った時が良いという人もいます。

確かに、生まれてから一か月間は、赤ちゃんの運命がどのようになるかまだ不安な時期でもありますので、そのような考え方があるのも頷けます。

しかし、赤ちゃんが生まれるという知らせは誰もがうれしくなることです。

お祝い事ですし、生まれる前はともかく、生まれたら直ぐに贈りたいというのが、一般的な気持ちではないでしょうか。

また、出産祝いが人と比べて、あまり遅くなってしまうようなことはしたくないものです。

遅くなってしまうと、何だか祝っていないような感じもしないでもありません。

お祝いしたい気持ちで一杯なら、出産の連絡を聞いたら早く贈りたいものです。

最近の医療は進んでいますので、生まれる前から赤ちゃんの状態はかなり詳しく分かっていますし、無事に生まれてくることがほとんどです。

そのため、ママになる方が仲の良い知人で、母子の状態が良く分かっている場合などは、出産前でも良いのではと思います。

ただ、前述のようにお産や赤ちゃんには良くないことも起こる可能性があるため、そのことも少しは考慮に入れて、贈り物やその時期を考えていくと良いのではと思います。

また、生まれてくる赤ちゃんが男の子か女の子は生まれる前から分かりますが、確実ではありません。

考えている贈り物が、どちらかの性別の色などに片寄っているようであれば、どちらにでも使えるような色にするか、生まれて性別が分かってから贈るようにした方が良いのではないでしょうか。

■ママが欲しいものをあげるのが一番良い

どちらにしても生まれる前に出産祝いを贈ろうと思う人は、ママになる人とかなり親しいはずです。

ママとなる人が欲しいものを、きっと分かっていらっしゃると思います。

親しければ、出産前にお祝いを渡しても良いと思います。

一緒に買い物に行ったりして、欲しいもの聞くのも良いかもしれません。

仲の良い友人だから、一緒に赤ちゃんに必要なものを揃えて楽しみ、その必要なものの一部をお祝いの品にしても良いと思います。

もし、知人のレベルが仕事仲間程度でしたら、赤ちゃんが生まれてからお祝いを贈った方が色々と無難なのではと思います。

しかし、贈る時期についてはその人個人の考え方ですので、知人のレベルに関係なく、自分が良いと思った方でよいのではないでしょうか。

ただ、世間の目が気になるようであれば、出産約一か月後ぐらいがおすすめです。

昔のしきたりや習わしは、確かに今でも一理あります。

しかし、医療や物の見方考え方も時代と共に少しずつ変わってきています。

昔のしきたりの意味や理由が分かっての行動でしたら、今の時代に合う新しいやり方でも良いのではと思います。

お祝いを贈る時期については、常識的に大丈夫かと心配になるものです。

しかし、自分の考えに何かしらの理由や信念があるのなら、自分の思う時期に贈っても良いのではないでしょうか。

出産祝いに定番のベビー服を贈る際の注意点

出産祝いといえばベビー服というくらい定番の贈り物ですが、ベビー服を送る際には気をつけておきたいポイントがいくつかあります。

まず、サイズと季節です。

生まれてしばらくは赤ちゃんの体は驚くほどの勢いで成長します。

生まれた時には50センチですが、1年で90センチほどになります。

そして、日本は四季があるので季節によって服の種類を考えなくてはいけません。

出産予定日はわかっていますが、実際にいつ出産になるかは、その時になってみないとわかりません。

事前に準備する時には、出産時期から計算して贈り物を選んでも、その通りになるかどうかわからないという可能性があります。

■小さめの赤ちゃんと大きめの赤ちゃんでは服のサイズがまったく違う

そして、赤ちゃんは予測通りに成長するとは限らず、小さめの赤ちゃんと大きめの赤ちゃんでは、服のサイズがかなり変わってきてしまうのです。

そういったことが考えられるので、小さなサイズの服ではなく、90サイズくらいのものを贈り物にするという方法があります。

すぐに着ることはできませんが、90サイズなら長い期間着ることができるので、季節はそこまで気にする必要はありません。

そして、90サイズになると種類が増えるので、たくさんの商品から選ぶことができるというメリットもあります。

また出産祝いを贈る相手との関係によっては、ストレートに希望を聞くことも良いと思います。

親しい関係であれば、どのサイズの、どの形のベビー服が良いかを聞いてみても失礼にはならないでしょう。

贈られるほうも、そのような質問をされて悪い気持にはならないはずです。

リクエストに沿ったものであれば、サイズや形で悩む必要がなくなり、贈るほうもデザインなどを重視して選ぶことができます。

■普段使いの衣類は出産祝いで喜ばれる

そして、赤ちゃんの時期は衣類が汚れることが多く、たくさんの着替えが必要になることがあります。

そのような時に、普段使いの衣類をプレゼントしてもらえると、すぐに使うことができて、もらったほうもとても助かります。

贈り物で頂くものは、よそ行き着が多いので、たまに普段使いのできるものをもらうと、本当に嬉しい気持ちになります。

肌着などは贈り物では少ないかもしれませんが、肌着は肌に直接触れるもので、洗濯を繰り返すものなので、質の良いものがあると赤ちゃんもママも嬉しい気持ちになると思います。

親しい間柄であれば、そういったものも候補に加えてみて良いと思います。

■ブランド品のベビー服を贈る際の注意点

出産祝いで贈るベビー服にはブランド品を選ぶ人も多いと思います。

ブランド品は、自分ではなかなか買うことがないですし、お出かけの時に着せる服として重宝します。

しかし、気をつけなくてはいけないのは、好みが分かれることです。

ブランド品は、ブランドロゴが入っているものも多く、デザインも個性的なものがあるので、贈る側の好みだけで選んでしまうと、もらったほうが困惑してしまうことがあります。

もともと好みをよく知っているような関係であれば、問題はありませんが、そこまで好みを把握しているわけではない場合には、ブランド品を選ぶ時に注意しましょう。

あまりに個性的なものは避け、無難だと感じる程度に品のあるものにしたほうが良いでしょう。

ブランドの中でも、誰もが知っているようなブランドのほうが好みを問わない傾向があります。

自分が好きなブランドを選ぶのではなく、贈られる側に立って考えましょう。

■流行りすたりのないデザインを選ぶ

ベビー服の種類やデザインによっては、女の子でも男の子でも着られるものがたくさんあります。

小さい赤ちゃんの時期であれば、そういったどちらの性別でも使えるものがとても便利です。

しかし、90サイズくらいになると、性別によって着られる服が決まってくるので、大きめの服をプレゼントする場合には、性別をしっかり確認してから、出産祝いを選ぶことを忘れてはいけません。

また、使う季節が限られてくるアウターなどは、性別と共に月齢をしっかりと計算しておかないと、季節がずれて使えないということになってしまうので気をつけましょう。

そしておしゃれなママさんの場合は、ベビー服であっても流行を気にする人もいます。

そういう場合には、どういったものが流行っているのかをお店の人に相談してみるといいでしょう。

90サイズくらいだと1年後に着ることになるので、もしかして流行が変わっている可能性があります。

着る時期がまだ先のものに関しては、流行りすたりのないデザインを選んでおいたほうが安心です。

値段については、予算どおりの商品がみつかればいいのですが、うまく予算に合わない場合には、安価すぎるのも失礼になるので、小物などと組み合わせると良いと思います。

赤ちゃんの靴下などは、よくなくしてしまうので、いくつあってももらって嬉しいものです。

出産祝いは、贈って喜ばれるものが一番だと思うので、できる限り何がほしいかを聞いておくことが成功のポイントだと思います。

特に希望がない場合には、誰が見ても可愛いと思えるような定番のものが失敗せずに良いと思います。

遅くなった出産祝い。贈るほうが良いのかどうか?

親族や友人など、身の回りの人から出産の報告を受けた際には「おめでとう」とお祝いの言葉をおくるものの、近い内にお祝いを贈ろうと思いながらつい先延ばしになってしまったという人は少なくはないでしょう。

特に出産経験のない人からすれば出産祝いに何をプレゼントすればいいのか分かりませんし、退院後は育児で忙しいでしょうからお祝いを持ってお邪魔するのもなんだか気が引けるとタイミングが分からないという人もいるでしょう。

しかしそうやって先延ばしにすればするほどよりお祝いを贈るタイミングを失ってしまい、気づけば1歳になっているなんてこともあります。

■できれば1ヶ月以内に贈りたい

出産祝いはできれば1ヶ月以内くらいに贈る方が良いとされています。

出産して約1週間程度で退院する人が多いので、その後にお祝いを持って赤ちゃんの顔を見る程度でお暇するというようにすれば退院後のお母さんや赤ちゃんに負担をかけることもないでしょう。

子どもを産んだ側からすればできれば我が子を連れて知り合いの家を周まわり、可愛い我が子を紹介したいものですが残念ながらそれはできません。

産後の赤ちゃんだけではなく母体も大きなダメージを受けている上に免疫力が落ちているため外気に触れるというのは風邪をはじめとして病気をもらってきやすい状態にあるからです。

そのため産後1ヶ月は自宅で安静にし、お母さんも体の回復を最優先させるためにあまり家事を頑張らないようにと指導されます。

1ヶ月も自宅で赤ちゃんと缶詰にされるお母さんというのは想像以上に精神的に疲労をためてしまいます。

常に泣き声を聞かされ、寝不足に悩まされ、外に出られないことから孤独感を感じるためとてもつらいのです。

そんな中でちょっとした時間だけでも誰かが来てくれるというのはとても嬉しいものです。

■育児で多忙なときほど誰かに来て欲しいもの

「育児で忙しいだろうから行ったら迷惑になるのでは」というのは実は間違った考え方なのです。

赤ちゃんのことやお母さんのことを考えるのであれば、できれば周りの人が家にお邪魔する方がありがたいものです。

その際にはお祝いを手にお邪魔したいものですが、このタイミングを逃してしまうと「今更遅いかな」という不安につながります。

とはいえ何にしようかと考えているうちにいつの間にか時間が経ってしまったという人もいるでしょう。

そうなってもお祝いを渡さないよりはましです。

物をあげるから喜ばれるのではありません。

新しい命の誕生を喜んでもらい、また長い妊娠期間から出産という大仕事を終えたお母さんに対して労わる言葉をかけてもらえるのが何よりも嬉しいお祝いなのです。

逆にお祝いの言葉もプレゼントも何もないという状態だと「子どもの誕生を喜んでもらえていない」ととらえられてしまいます。

■遅くなっても出産祝いは贈りましょう

それでは今後のお付き合いもぎくしゃくしてしまうものになるので、たとえ遅くなったとしても必ずお祝いをしましょう。

まずは電話やメールなどでお祝いの気持ちを伝え、何をプレゼントしたらいいのか分からないのであれば本人に聞くと良いでしょう。

ある程度時間が経っているのであれば、いろいろとお祝いをもらった後でしょうから、何が足りなくて何が欲しいのかというのが分かってくると思います。

そうなれば「何が欲しい?」という質問にも答えてくれやすいでしょうから喜んでもらえるプレゼントを用意しやすくなります。

タイミングを逃してしまうと用意すべきかどうか悩む人が多いのですが、実は遅いからこそ良いという部分もあるのです。

1人目の出産となると初めての育児なので何が必要なのか分からない場合があります。

逆に買ったりもらったりしたものが意外と使えなかったりということもあります。

それがある程度時間が経って育児に慣れてくると新しく買い足さなければならないものや、新たに欲しいものが明確になってきます。

このタイミングで欲しい物を聞いてもらえると逆にありがたいと感じる人もいます。

■遅くなったら何が欲しいか聞きましょう

実際に私は一児の母で、現在7ヶ月の娘がいます。

生まれてすぐに友人たちから絵本やおもちゃ、スタイなど様々なものをもらいましたが、お古をもらったものもあるのでスタイがたくさんあったり絵本がたくさんあったりともらったものがかぶってしまうことがあります。

もちろん無駄になるわけではないのでありがたく使わせてもらっているのですが、どうせかぶるのであれば他の物がほしかったと思ってしまったのも本心です。

そんなある日娘が生後6ヶ月になってから友人が「遅くなったけどお祝い何がほしい?」と聞いてくれたので私は素直に「冬服がほしい」とお願いしました。

夏服はたくさんあったのですが、娘が3月末生まれなのであまり冬服を持っていなかったのです。

すると友人が何着か新しい服をプレゼントしてくれてとても助かりました。

「遅くなってしまったけど」という一言を添えてくれればもらう側としてはまったく気になりません。

逆に何もお祝いしてくれない方が複雑な気持ちになります。

お祝いというのはねだるものではないので「お祝いをください」なんて言えません。

そのため周りの人の方が気をまわしてあげるようにしましょう。